医局やめたい

医局辞めたいなら辞めればいいけど、円満に辞めないと大変

医局やめたいと思っても、どうやって退局できるのか、辞めて大丈夫なのか不安もありますよね。それから、辞めさせてくれないケースもあると思います。でも、実は退局できたい医師のほとんどが円満に退局しています。その退局方法を紹介しますので参考にしてください。

目次開く

医局を円満に辞めないと起こり得る現実とは

医局を医師が辞めたいと考えても医局側が即座に認めてくれるとは限りません。しかし、ここで円満に辞めておかないと医師人生に影響を与える可能性がありますので、その現実を知ってください。


医師が医局を円満に辞められなかった際の現実

医局を辞められなかった医師

医師が医局を辞めて転職したいと考えたとしても、それを医局サイドが受け入れてくれなかったり、たとえ辞めることができたとしても円満退職ができなかった場合には、ドクターとしてのその後の人生に何かしらの影響を与えてしまうことがあります。

そうなってしまうと、医局を辞める目的は果たせてもドクターとしての人生設計には支障が生じてしまうことになるわけですから、このような退職は絶対に避けておかなければなりません。


医局以外でもそうですが、とくに医局が相手の場合には敵対するような関係性を作って退職することは何がなんでも避けておくべきです。おそらく医局内にいる医師であれば、医局のパワー、さらには医療業界における医局や教授の影響力を熟知しているはずですが、こうした相手を敵にしてしまって得することなど何もないのです。


もちろん、こうした風潮が嫌で医局を辞めるという結論に達した方もいるとは思いますが、いくらそうした思いがあったとしても敵対するような退職の仕方は避けておくべきです。医局を辞めたいと願い、退職を希望している場合には、これが第一の条件になるといっても過言ではありません。

もちろん、医者個人が円満退職を願っていても医局サイドの出方などもありますので、どうしょうもない部分もあるのですが、相手がどう出てきてもこちらから敵対するような関係性を作ってはいけません。


また、そのような関係を作らなくて済むように医師転職サイトなどの存在があるわけですから、有効に活用しておきましょう。どうすれば医局を円満にやめることができるのかを熟知したスタッフがいますので、こうしたプロフェッショナルのアドバイスに耳を傾けながら最適な道を探っていきましょう。

覚えておいてほしいのは、医局をおかしな形で辞めるのは怖いものの、円満に辞める方法が無いわけではないということです。


医局を辞めて医師として新たな人生を歩もうとは思っても、医師にとって医局を敵に回して良いことは何もないのです。面倒な未来しか待っていませんから、ここは医師転職サイトなどを使って円満退局を目指しましょう


医局を辞めるのに半年から1年は準備期間が必要

医局を辞めるには半年から1年程度の期間をかける医師が多いようです。これは、医局に辞めると伝えてからではなく、医局を辞めるために動き出してからの期間です。

医局を辞めると伝える前に、転職先を決める必要があります。医師の転職活動は容易ではありません。医局に辞めると伝える前に勤務先を確保しなければいけないので、転職活動をしている事を医局にバレずにする必要があります

医師専門の転職会社があります。その医師転職会社を利用すれば、匿名での転職活動もできますし、勤務先の提案も担当の医師コンサルタントが行ってくれます。

円滑に医局を辞め、転職を行うためにも医師転職会社を活用しましょう。